シムーン第二章 ~乙女達の祈り~

オリジナル詩集

トワイライトエクスプレス

終着駅

かって 日本が高度成長期の真っ只中だった時代
日曜日の夕方 東京駅のホームが 若いカップルで一杯になった
人目もはばからずに 互いに抱き合って 口づけを交わしたり
手を握り合ったまま 名残を惜しんで 泣いているカップルもいた
やがて 列車がホームに着くと 二人は離ればなれになってしまう
再び逢える日を信じ 一人は列車に乗って 地方の町に帰って行く
もう一人は会社の命令で 地方に恋人を残して東京に赴任している
東京の大学に進学し 地方に恋人を残して出て来た若者もいただろう
つかの間の休日を利用しても 二人は年に何回逢えたのだろうか?
たった一人で 好きな人を想いながら 過ごす日々が続いたのだろう
カレンダーを捲り 指折り数えて その日が来るのを待ったのだろう
だからこそ きっと・・・
僅かな逢う瀬に 二人は精一杯 愛の炎を燃やしたのではないだろうか

どんなに愛し合っていても 一緒に暮らせるとは限らない
逆に一緒に暮らして 愛を凍らせてしまったカップルも 数多くいた
そんな恋模様を見て来た私は こんな形の愛に心惹かれるのかも知れない
簡単には逢えない事が 余計にお互いの想いを募らせ 愛の絆を強くする
困難な試練があればあるほど 愛は光り輝くものなのかも知れない
愛って…人間って…つくづく不思議なものだと思う


あずさ2号 歌:狩人(70年代の青春歌謡を代表するヒット曲~とっても美しい歌です)

にほんブログ村 小説ブログへ

 


あなたのお父さんやお母さんは、そんなロマンスを経験をされた人かも知れませんね。

いつぞやのお約束通り、ネリム様のコメントにお答えいたしました^^
 
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼シムーン第二章 ~乙女達の祈り~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼未来戦艦大和
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼ビーストハンター
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼クロニクル ~カルマ~
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼まぼろし
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼やさしい刑事
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼幻影の艦隊
総もくじ 3kaku_s_L.png ▼その他の小説
もくじ  3kaku_s_L.png オリジナル詩集
もくじ  3kaku_s_L.png 随想/論文集
もくじ  3kaku_s_L.png 死とは何か?
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←「蟲師=続章」とノスタルジー    →<歪んだ歴史と負の連鎖> ~その本音~
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←「蟲師=続章」とノスタルジー    →<歪んだ歴史と負の連鎖> ~その本音~